生命保険は見直してこそ有効

見直しの仕方

12月
02

実際に生命保険を見直したい場合はどうすれば良いのでしょうか。生命保険の見直し方としては、たとえば現在加入している保険を解約して新しい保険に加入する、あるいは今加入している保険の内容を変更するといった方法があります。その際には家族全員で相談をすることも大切ですが、専門家からアドバイスをもらうというのも一つの方法です。そうすることによって、より自分達に合った保険の見直しをすることができるのです。

保険見直しの方向性のひとつに、保障を減らすということがあります。これは家族が独立してしまった場合や高齢になった場合など、それほど死亡保障の必要性がなくなった時に検討することが多いでしょう。保障額を減らすことによって毎月の保険の負担を減らすことができます。そのため保険料によって家計が圧迫されている場合にも保障額を低くするというケースはあるでしょう。

逆に保障額を増やしたいから保険の見直しをするケースもあります。新しく子供が生まれた場合や結婚をした場合などはこちらに当てはまるでしょう。この場合保険料の負担が増えてしまうため、そのことを考慮した上で慎重に検討しなければいけません。将来の事も考えるべきでしょう。

未分類 見直しの仕方 はコメントを受け付けていません。

ライフステージで条件は変わる

11月
09

生命保険というのはすべての方が同じ条件で加入するわけではありません。ライフステージによって条件を細かく変えることが求められています。そうすることによって本当に自分達に必要な保障を受けられるようになるのです。たとえば結婚をした時や子供が生まれた時、住宅を購入した時、子供が独立した時など状況に応じて生命保険の見直しをするべきでしょう。

結婚をした場合でも夫婦が共働きなのか専業主婦なのかによって必要な保障額は違うでしょう。共働きの場合はそれほど高額な死亡保障は必要ないと考えられます。一方、専業主婦の場合は配偶者が自立した生活を送れるだけの死亡保障を準備する必要があります。

子供が生まれたならば特に生命保険の見直しは慎重にするべきです。両親に万が一のことが起きたときのことを考えておいて、手厚い死亡保障をつけておくべきでしょう。そうすることによって、子供が成人するまで安心して成長していくことができるのです。

もし住宅を購入したのであれば、団体信用生命保険に加入するケースが多いためそちらとの兼ね合いを考えておきましょう。万が一死亡した場合には住宅ローンを返済する必要がなくなるのです。それも考慮に入れて死亡保障の金額を決めておきましょう。

未分類 ライフステージで条件は変わる はコメントを受け付けていません。